2008年03月19日

お世話になった方の節目に(退職祝い)

長年、とてもお世話になった方が今年、
40年勤めた会社を定年退職なことに気がついて
何を贈ろうかと数ヶ月考えた・・・
男の人への、しかも年上の方へのプレゼントって
すごーくむつかしい^o^;

技術職だった方なので、もしかしたら
会社に残るとか、別の会社に就職するかも、とも思い
いや、もしかしたら若い頃に行けなかった大学にこれから行くかも、
とか考えて・・・

人生の節目でもあるし、かなーりムリな出費ではありましたが
革のカバンにすることに。
そして理想的なカバンを楽天のココで見つけて、ぽちっとしました〜。
HERZという工房の鞄。

お店に無理を言って納期を早めていただき
(受注生産なので、それなりに納期がかかります)
とりあえずウチに届けていただいて、
プレゼントして恥ずかしいものでないかをよーくチェックすることに。

じゃーん。

ステキなカバン

おお〜。
色が明るくてステキ。

持ち手。

すごく上等な革、ではないのだけど

前

とっても丈夫そうですし

うしろ。

うしろのポケット

使っていくうちになじんでどんどんステキになりそうな

ここに革肩ひもをつけて、ショルダーにもなる

それで、見た目よりとっても軽い鞄。
革のこういう鞄にしてはすごく軽い。

底。

底鋲がないのはアレかもしれないのだけど
それがカジュアルな雰囲気を出しているのかも?

ベルトを外すと

ベルトを外すとスナップがあり
それを取ってカバンを開くと

あけた

いっぱいに開きます〜。
中のポケットは平たくて1つしかないけど
逆にばさっと大量に書類を入れたり
大きいものを入れられるから、あの方にはピッタリだと思ったり。

いっぱいに開く

いいかもいいかも。
これでこのお値段には見えないかも。

中からサイドを見る

これなら、喜んでいただけそうだなーと思いました。

ステキなカバン

お仕事じゃなくて、ちょっと旅行とか
カジュアルにも使えそうで、とってもいい感じ。
スーツじゃなくてジーンズやチノパンにも合いそうだし。

外袋

木綿の生地と麻の生地を合わせて外袋を作ったら
一生使っていただけそうな、なかなかいい贈り物になりました。

あ〜、なんか私もこのお店のカバン欲しくなっちゃいました。
リュックもかわいいし〜。巾着とかトートもかわいいしー。
いや、自分になんかモチロン買えませんけど・・・^o^;
大体、この鞄も相当無理だしね・・・^o^;

今回購入したのはこれ。 

ポルコロッソ-革の鞄と時計の店では
うっかり欲しくなってしまうバッグがたくさん。
いいなあ。

えーと、ちなみに、これをプレゼントしたときに聞いたのですが
贈った相手は秋まで、現在の会社で片付いてない仕事をし
その後の就職先が既に決まっているそうです^o^
・・・退職じゃなかったよ・・・^o^;
でも、鞄はとっても気に入っていただけました。ヨカッタ。

働くことって、本来楽しいこと。
定年の年齢、55歳とか60歳なんて老人と呼ぶには若すぎる。
知識や経験がたくさんあるお年頃。
働ける限り、働くのってとっても幸せなことだと思います。

シンプルレシピ
レシピ


ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 料理ブログへ
posted by ぴか at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | おかいもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


おいしいシンプル節約おいしいシンプル節約ライフtopへ
バナー1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。